チョロQマグナム号 フロント

チョロQ ゼロヨン太 マグナム号

オークションや中古ホビーショップなどでコツコツと集めてきたチョロQ。
長年探してきた逸品をようやく手に入れることができました。

チョロQマグナム号 フロント

ゼロヨンQ太のマグナム号です。
「ゼロヨンQ太」とは1982年~85年までコロコロコミックに連載されていた漫画作品です。
当時コロコロコミックが得意としていた熱血ホビー漫画のひとつで主人公、向江弓太(むかえ きゅうた)の愛機がこのマグナム号でした。
ベースはフォルクスワーゲンのビートル(旧型)です。

チョロQマグナム号 トップ

マグナム号はガルウィングのドアを持ち、翼のように広げて空中が飛べるという設定でした。
漫画上の設定であり、市販されたこちらの商品には意匠としてルーフ部分にコの字型のシールが貼られています。
30年前に発売されていた玩具ですので、このシールが剥がれていたりめくれているものが多いのですが、幸いしっかりとシールが貼られている程度の良いものを入手できました。

チョロQマグナム号 リア

リアにはコインホルダーがあります。
シールもしっかり貼られています。
チョロQは本来直進しかできないのですが、漫画ではグニャグニャに曲げたコインをホルダーに装着することで空気抵抗が生まれコーナーを回ることができる「セーリングダンス」というとんでもない必殺技がありました(笑)
ホビー漫画にはよくあることです。

チョロQマグナム号 シャーシ

タイヤをよく見ると、「Q」の文字が細かくモールドされているのがわかります。
当時(1980年代初頭)は日本製ということもあり、目につきにくい部分まで本当によく作りこまれていました。

コロンとしたかわいいルックスのチョロQは、現在では企業のノベルティグッズや旧車のリニューアル復刻版などで手に入れることができます。
また、くわしい情報はこちらのサイトがオススメです→チョロQ学園

2 Replies

  • 念願のチョロQ入手おめでとうございます!
    状態も良いものが手に入れられてよかったですね。
    日本製のチョロQは良く作りこまれていますよね。
    Qタイヤもそのひとつです。

  • すみや様>
    長年にわたって探し求めていたものだったので大変うれしいです。
    所有しているチョロQで、日本製のはいまのところこのマグナム号だけです。
    大切にしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です