なんだこれくしょん / きゃりーぱみゅぱみゅ

 

なんだこれくしょん(初回限定盤)(予約先着特典「なんだこレターカードセット<2012-2013>」付き)
きゃりーぱみゅぱみゅ
ワーナーミュージック・ジャパン (2013-06-26)
売り上げランキング: 57

01. なんだこれくしょん
02. にんじゃりばんばん
03. キミに100パーセント
04. Super Scooter Happy
05. インベーダーインベーダー
06. み
07. ファッションモンスター
08. さいごのアイスクリーム
09. のりことのりお
10. ふりそでーしょん
11. くらくら
12. おとななこども

ワールドツアーを経て届けられた2ndフルアルバムは、はじけるようなPOPな電子音と、和のテイストが心地よい良作。
彼女の声は単体として聴くと決して上手なボーカルとは言えません。
むしろ舌足らずで、ピッチも若干揺れています…
しかし中田ヤスタカの作るエレクトロニックサウンドと、きゃりー自身が関わるセルフイメージの構築(=ファッション)が融合して一つのパッケージとして表現される「きゃりーぱみゅぱみゅ」には、ついつい耳を傾けてしまいます。
もともと外見的な美しさより、鳴っている音に耳が行きがちなので(褒めているのか貶しているのかw)

気になった曲をいくつか紹介しましょう。

にんじゃりばんばん

和のテイストが最も前面に出たトラック。
刀と刀がぶつかり合うかのようなシャキーン!というSEが曲全体をピリリと締めます。
最初に聴いた時、一発で気に入りました。

Super Scooter Happy
http://www.youtube.com/watch?v=hPrJAy7ZpCk

Capsuleのカバー。
というか、原曲そのままですね。
こしじまさんときゃりーのボーカルの質は似ているのかもしれません。
ちなみに原曲はこちらです。

Capsule / Super Scooter Happy

どこかで聴いたことがあるな~と思ったら、パッと閃きました。
サビがこの曲に似ています。

Perfume / Perfume

「ぱぱぱぱぱぱぱふゅーむ」のところが似てると思いません?

さいごのアイスクリーム
http://www.youtube.com/watch?v=AEnB6N2-mmg

きゃりーのアルバムを買う楽しみの一つが、アルバムオンリー曲で気に入ったものを見つけること。
今回はこれですね。
まんま90年代初期の小室サウンドです(笑)
プログレ調のインスト、BPM速めの四つ打ち、レイブ調のシンセ。
どう考えても中田式小室サウンドとして思えません。
実際にお会いする機会があれば、意識したのかどうかぜひ聞いてみたい(そんな機会はないと思いますが)

和のテイストは、おそらくワールドツアーを含めたイメージ戦略の一つだと推測されます。
日本から世界に打って出るとき、記号として分かりやすいから。

アイデンティティとしてのJAPANは、はたして海外ウケするのでしょうか?
その結果はこれから彼女の進む道が示してくれることでしょう。

2 Replies

  • 「さいごのアイスクリーム」は完全に小室ですね。
    アルバムの曲とは言えこんな実験(?)仕掛けてくるなんて、たまげました。

    • >びびんばさん
      中田さんからの小室さんへのメッセージソングじゃないかと解釈しています。
      逆パターンを密かに期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です