Get Ready

UT×Japan GameのパックマンTシャツを購入。

パックマンTシャツ
↑Tシャツ表

パックマン タグ表
↑タグ表

パックマン タグ裏
↑タグ裏。

2005年には”最も成功した業務用ゲーム機”としてギネスブックに認定された、らしい。
このシリーズはなかなかツボである。
80年代~90年代初頭の懐かしいアーケードゲームが、沢山ラインナップされているからだ。
特にギャラクシアン、ゼビウス、ストⅡはエポックメーキングな作品。
スペースインベーダーは版権の関係で外されたのか?
このTシャツと、最近復刻されたゲームセンターあらしのインベーダーキャップを被れば、オールドゲーオタの出来上がり!

5 Replies

  • ゼビウスと迷ったんだけど、ウチもこれ買っちゃいました(笑

  • ギャラクシアンは欲しいなぁ。
    僕がテレビゲームにはまる元になったゲームなので(インベーダーはさすがにちょっとまだ早かった)。
    最近のとにかく弾幕張ればいいだろ的なSHTと違い、敵とサシで勝負する緊張感がたまらないんですよね。
    90年代まで入るなら、ぜひ「エアバスター」と「ウルフファング」もラインアップして欲しいなぁ。
    (どちらも開発は別会社だが販売は旧ナムコ)
    特に「ウルフファング」はロボット好きなら、はまること必至ですぞ。
    (語ると長くなるので後略)

  • >まりさん
    ゼビウスは名作ですよね。
    強制スクロールの画面の中、自機が8方向に動かせるシューティングゲームは、これが初めてじゃないかな。
    >通天閣男さん
    ギャラクシンは、子供の頃、これがスペースインベーダーと勘違いしていました(笑)
    よく似てるんだもん。
    ゲームセンターあらし世代としては、忘れることの出来ない名作ですね~
    続編のスターブレードもフルポリゴン・STGの名作です。
    ウルフファングは、たしかロボットが変形して戦うという設定だったような・・・
    記憶が曖昧です。

  • ギャラクアシンは、ギャラガ~ギャプラス~ギャラガ88までが正統進化系で、そこから(世界観の発展形として)スターブレイド~ギャラクシアン3のポリゴンSHTにつながっていくと覚えているんですが、間違えてるかも(^_^;)。
    「ウルフファングは」、ロボットを胴体(特殊攻撃)、腕(近接攻撃)、脚(移動、ジャンプ)各4種類の組み合わせで作って、オセアニア大陸を転戦していくアクションシューティングです。
    本当にアクションゲームの操作系で横スクロールシューティングをやらされるので、かなり難易度が高いですが、操作に慣れてくると俄然面白くなります。
    選んだパーツで、同じステージでも攻略が全く違ってくるのも味。
    ガンダム好きなら二脚+ビームソードは必須ですね(笑)。
    ロボットが変形するのは、その続編「スカルファング」の敵ボス S-フルングニルですかね。 個人的には「ハイパーデュエル」かと邪推してみますが(ぉぃ。

  • >通天閣男さん
    ファミコンでリリースされた「スターラスター」も、たしかこのシリーズでしたよね?
    疑似3Dが当時はカッコ良かったな。
    操作は激ムズでしたけど(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です