POLYSICS対バンツアー2013 帰ってきたULTRA FIGHT OR DIE!!!@広島

・・・はぁはぁ、なんて長いライブのタイトル名だ(笑)
本当はこのあと更に「“~パンティー!!! VS トイス!!! 広島死闘編~”」が追加されます。
省略させていただきました。あしからず。

という訳で、はじめてポリシックスのライブに行ってきました!
昨年6月の単独ライブ@広島は前売りチケットを購入していたにも関わらず、見事に仕事が入ってしまい撃沈。
その後何度も広島公演があったにも関わらず、なぜか見事に抜けられない用事が入ってしまい、行けずに悶々とする日々。

今回も当日は仕事があったのですが、仕事が終わって即行でライブに駆けつけ、その後仕事の番外編的な勉強会に参加し、さらに飲み会へ行くというハードスケジュールで強行突破。

そしてその甲斐あって、今年最高のライブ体験となりました!
会場は並木ジャンクション。
奇しくも昨年行けなかったライブ会場と同じです。

並木ジャンクション

開演前ギリギリだったため、開演前のBGMを聴くことができず。。。
ハヤシ君のセンスは抜群なので、きっとすてきなニューウェイヴを掛けたに違いない!w

対バン相手はモーモールルギャバン。
全く予備知識なしに臨んだのですが、思わぬ拾いものでした。
ドラム、ベース、キーボードというシンプルなスタイルで、とにかく演奏がすごく上手い。
最初は名前からしてコミックバンドなのかな?と勝手に思っていたけど、それは表面だけで実は超絶技巧の持ち主だったりします。
特にキーボードの女の子!(ユコさんというお名前?)

キーボードが女の子のバンドは無条件に好きになりますw
それがシンセだったら、もっと好きになります。
カヨちゃんがいた頃のポリが強烈に好きな理由はココにあります。
あ、もちろん今の3人体制も好きですよ!

それにしても、あのパンティーコールは一体なんだったんだろう?
やたらパンティーを連呼していたような。。。
ポリのトイス!みたいなものなのかな?w

このままではポリを喰っちゃうのでは?というくらい会場とオーディエンスを温めて、ついにポリの登場!
夢にまで見たオレンジのつなぎ、そしてバイザー。

第一声は定番の「トイス!!!」
生トイスはやっぱり最高ですねー。

分かる限りのセットリストを思い出すと、こんな感じでした。
間違っていたらごめんなさいm(__)m

Marshmallow Head
Shout Aloud!
Exclamation!
Smile to Me
Lucky Star
Everybody Say No
DNA Junction
ターボファイブ
I My Me Mine 2013
Young OH! OH!
シーラカンス イズ アンドロイド
Baby BIAS 2013
MEGA OVER DRIVE
URGE ON!
BUGGIE TECHINICA
アンコ
Let’s ダバダバ
Electric Surfin’ Go Go

新旧のバランスがうまく取れた選曲に感激!
とくにダバダバは絶対に聴きたかった曲だったので大満足です。

ハヤシ君はこれまで動画でしか見たことがなかったので、本当にギター弾きながら歌っている姿を見て圧倒されっぱなし。
体力と肺活量がないと絶対にあんなに動けないし、歌えないのに汗だくになりながらお客さんを煽り、所狭しとステージ中を走り回っていました。
ポリの曲はBPMが速い曲が多いので、歌う方は相当きついと思うんですよねw

そんなハヤシ君に負けないくらいこれまたよく歌い、よく動いていたフミちゃん。
ベースを弾く姿がめちゃくちゃカッコイイ!
女性ベーシストを好きになったのは、生まれて初めてではないだろうか?
いやトーキングヘッズ以来かも。。。

ヤノ氏は体は細いのに、どこにそんな体力があるんだ?と思わせるくらい強靭なドラムプレイを披露。
シュッとした体のドラマーといえば幸宏さんとニューオーダーのスティーブン・モリスと相場が決まっていますが、ヤノ氏も好きなドラマーに堂々仲間入りです。

モッシュには気をつけてくださいというアドバイス通り、安全地帯に退避していました。
ささやかな(?)モッシュが起きましたけど、なんというか暴れるというよりも楽しむ感じでしたね。
モッシュってもっと暴動みたいになって、下手したら死ぬかもしれない・・・と覚悟していたので初めてのモッシュが和やかで助かりました!

対バンがあっという間に終わってしまい、即行で並木ジャンクションを後にしました。
終演BGMがあったかどうかは定かではありませんが、もしあったとしたらきっとこれまた素晴らしい選曲だったに違いないでしょう。

今度は単独ライブにぜひ参加したいです!
それではまたトイス!!!