Rose Bud

昨日のエントリでピンボケした写真。
カメラをマクロモードにしてみては?というアドバイスをいただき、早速撮影し直してみた。
どうかな?
まだまだ背景がぼやけているけど、少しは改善したでしょ。

チョロQカウンタックLP400_3

母の日ということで、安芸高田市にある湧永満之記念庭園に行って来た。
肝心の私の母は所用の為、不在だったので祖母と父と私の3人。
コンビニでお弁当とドリンク、おやつを買いこんでいざ出発。
到着したのはちょうど開園時間のAM10:00。
午前中というのに、気温はグングン上がって暑い。

湧永庭園入口
↑庭園入口

この庭園は、湧永製薬の創業者である故・湧永満之氏の提唱のもと、13年前に満之氏の生まれ故郷でオープンした。
設計から施工まで全て社員が行なったという。
湧永製薬という名前は聞いたことがないかもしれないが、キヨーレオピンという薬の名前は聞いた頃がある人が多いのではないだろうか。
訪れた最大の目的は評判のバラ園を見ることだったが、何とまだ開花していないことが判明。

この時点で父が大ダメージを喰らうorz(笑)

標高が高く、気温が平地より若干低い為、バラの開花シーズンにタイムラグがあるようだ。
5月中旬頃に開花がスタートし、見頃は6月上旬~中旬とのこと。
Don’t mindですぜ、オヤジ!

管理棟
↑管理棟はおしゃれなログハウス風

受付を済ませ、件のバラ園を通過すると、面白い形の並木を発見。
パラソルチョコの並木
↑並木を横からみたところ。てっぺんは丸い。

この形は・・・そうだ、パラソルチョコ!

パラソルチョコ
↑最後に食べたのはいつだろうか

正面から見ると、遠近法の一点透視図法をマスターするにはばっちりなアングル。

パラソルチョコの並木(正面)

鮮やかなシンメトリー。
ここは日本なのか、本当に。
まるでヨーロッパの大邸宅の広大な庭に迷い込んだようだ。
新緑の季節と相まって、とにかく植物の織りなす鮮やかなコントラストが見事だ。

ケシの花
↑ケシの花。大麻が取れる種類ではないのでご安心ください。

まん丸の木
↑まん丸に刈り込んだ低木

道
↑どこまでも続く道

タケノコ
↑筍がニョキニョキ

森と湖
↑左岸に立つのはモミジ。秋には紅葉して猛烈に美しいらしい。

藤の花
↑たわわに垂れ下がった藤の花。ミツバチがブンブン飛び回っていた。

ハチはもう勘弁してくれー
ぐるっと1周して、管理棟前の休憩エリアでお弁当を食べる。

休憩エリア

パラソルのお陰でいい具合に光がシャットアウトされ、気温が上がり、空気も美味しい!
ランチを食べた後、併設されている薬用植物園へ。
ここには、有名人から提供された多数の記念樹が植えられている。

記念樹_古葉元監督
↑カープの古葉元監督。カープを初めてリーグ優勝に導いた伝説の人。

記念樹_衣笠氏
↑衣笠氏。プロ野球界の皆勤賞男。

記念樹_毛利夫妻
↑毛利夫妻。実は小学生の頃になりたかった職業は、宇宙飛行士だったりする。

母の日バラ
↑おまけ。母へのお土産として買ったバラの株。

故郷に錦を飾るというのは、こういう事なのかもね。
今度は母を連れてもう一度訪れてみたい場所である。

4 Replies

  • 欧米風の庭造りって、木の形をデザインして刈り込むんだよね。
    メンタリティの違いが分かるような(笑)
    来月の父の日に絡めてリベンジってテもあるわね。

  • >ねこさん
    人口美っていうのかな、シンメトリーもそうなんだけど、コントロールされた自然という印象がありますね。
    それに対して日本庭園は、自然の不規則さをそのまま取り入れて活かしたり、再現している気がします。

  • すっごいきれいなところですね!
    並木道のところが特に気に入りました。
    そうそう,前にアップしてあった写真でどこの公園だろう?って思ってたところ・・・造幣局のところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です