進化論

最近はホビーネタばかり続いているな。
でも、これは行かなくちゃ↓
ガンプラEXPO in 広島

こんな地方でなぜガンプラ?
しかもPARCOで?
突っ込み所は満載だけど、まあいいか。
最近のガンプラはプロポーションよし、可動範囲広し、組み立て易しの三拍子。
ガンプラに限らず、昔のプラモは成型技術の限界からおもちゃ然としたものが多かったが、最近のキットは本当に進化した。
パーツ同士の繋ぎ目が目立たなくしてあったり、ほとんど塗装する必要が無いくらい予め塗装されてあったり(いわゆる「いろプラ」)
ア・バオア・クー内で頭部と左腕を失ったガンダムがジオングを狙撃する有名なラストシューティングの場面だって、無改造で出来てしまう。

また変形重視で妙なプロポーションになり勝ちだったZガンダムも、変形機構と強度を犠牲にする事なくちゃんとカッコ良くなっている。
リアルタイムでキットを作っていた身としては、隔世の感があるよ。
その分、価格が高騰したのが厳しい。
1/100サイズで価格が5,000円以上なんて、もはや子どものおもちゃじゃないでしょw
明らかに昔、ガンプラ少年だった人をターゲットにしているよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です