健康注意報

広島に戻ってきた時、NHKの気象情報で「心筋梗塞・脳卒中」の注意報が放送されていることに気付いた。
なんだろう?と思っていたら、中國新聞にも毎日同じ注意報が掲載されていることに気付いた。

心筋梗塞・脳卒中注意報

どうやら広島県医師会が各報道機関に積極的に働きかけて実現したようだ。
暖かい室内から寒い戸外に出る際には注意を!ということだろう。
ウォーキングを始めてから、苦手だった寒さに強くなった気がする。
冷たい外気に肌を晒し、冷気を体に取り込むことで身体の粘膜が低温への耐性を持ち始めている。
生物の恒常性(一定に保とうとする性質)は素晴らしいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です