See You Again

横浜からPCでエントリするのはこれで最後。

明日にはPCも梱包して、引っ越しが完了するまではWEBから距離を置いた生活を送ることになる。
この20年間は本当にいろいろあった。
それが今では走馬灯のように・・・って別に死ぬわけじゃないけど。

ただ、全てがあっという間に過ぎ去ったことは確か。
坂本龍一が娘の美雨さんに、「自分の創作活動の9割は、9歳までに経験したことがベースになっている」と話したことがあることを、ふと思い出した。

ティーンエイジャーで受けたインパクトは余りにも大きい。
おそらく音楽と映画は死ぬまで聴き続け、見続けるだろう。

これまでは受け手だったが、これからは送り手になりたい。
不器用でも発信していくことがこれからの目標だ。

ひとまず20年間の首都圏での暮らしに別れを告げるとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です