このロクでもない、素晴らしき世界

映画「世界で一番美しい夜」を観る。

誰も死なない“テロ”についてのお話というキャッチコピーに偽りなし。
ストーリーは本当にバカバカしくて書くのも嫌になるのだけど、
強引に要約すると「SEX万歳」なのである。

役者陣が豪華。
田口トモロヲ、佐野史郎、柄本明、石橋凌。
そして月船さららの脱ぎっぷりがイイ。

性欲過多を抑える為の貞操帯を装着していて、それが外れる瞬間のバカっぽさったらありゃしない。
大外れでも大当たりでもない、不思議な評価の映画。
心に何か引っかかるってことは、自分にとってはイイ映画なのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です